2022年5月 のアーカイブ

中田ダンススクール

2022年5月26日 木曜日

ウクライナ人道支援プロジェクトご協力のお礼と中間報告

2022年5月20日 金曜日
ウクライナ人道支援プロジェクトへご協力いただいた皆さまへ


ウクライナ人道支援プロジェクトへご協力いただきまして誠にありがとうございます。
これまでにお寄せいただいた支援金について以下のとおり中間報告いたします。


1.ウクライナ人道支援を目的として、東京都ダンススポーツ連盟は3月11日より「ウクライナ支援プロジェクト」への協力を呼び掛けています。

2.「ウクライナ支援プロジェクト」は、一般財団法人mudef(ミューデフ)と株式会社リズメディアが立ち上げたウクライナ人道支援のための寄付とチャリティTシャツの販売や応援メッセージを募集するプロジェクトです。日本への避難者が増えてきた現状も踏まえ、在京ウクライナ大使館を通じた人道支援なども予定されているとのことです。

3.ウクライナ(キーウ)出身のオレクシー・グザーと太田吏圭子組はリズメディアに所属していますが、同時に東京都ダンススポーツ連盟・日本ダンススポーツ連盟の会員でもあるので、東京都ダンススポーツ連盟として「ウクライナ支援プロジェクト」へ協力することを決めました。

4.5月1日(日)の東京都ダンススポーツ連盟創立45周年記念祝賀会において、これまで東京都ダンススポーツ連盟に寄せられた支援金目録をオレクシー・吏圭子組を通じて「ウクライナ支援プロジェクト」に贈呈しました。贈呈式では、前週ウクライナから避難してきたばかりの家族(母親・中1男子・小6女子の3人)が紹介されました。ネットを通じて彼らのことを知った吏圭子さんは、この家族のことも支援しようと決意し、祝賀会参加者に紹介しました。女子から大好きなダンスシューズを持ち出せなかったことを聞いた吏圭子さんは、早速ダンスシューズを買ってあげたいと言っていました。

5.これまでに東京都ダンススポーツ連盟に寄せられた支援金は500,000円です。
5月20日にプロジェクト指定の口座に振り込みました。(下記参照)

6.東京都ダンススポーツ連盟は、ウクライナにおける即時の停戦と早急なる平和の回復を訴えるとともに引き続き「ウクライナ支援プロジェクト」への協力を行います。 皆さまにおかれましても、加盟団体(区市ダンススポーツ連盟等)を通じてのご寄付、競技会場等でのご寄付、東京都ダンススポーツ連盟の口座に振り込むご寄付等のご協力を引き続きよろしくお願い申し上げます。
【振込み先】
加入者(口座名):東京都ダンススポーツ連盟
●郵便振替00120-9-129949
●ゆうちょ銀行 〇一九 支店 (当座) 0129949
通信欄 「ウクライナ支援プロジェクト」係
または振込人名のお名前の後に「ウクライナ」と追記お願いします。

詳細案内はこちらPDF

次年度(2022)の登録手続きの注意点と2021競技年度競技会成績の2022競技年度への反映

2022年5月21日 土曜日
JDSFより下記の案内がありました。

・次年度(2022)の登録手続きの注意点
・2021競技年度競技会成績の2022競技年度への反映について

詳細はこちら