Home > 注目情報 > 競技関連規程の改定・2018年版競技関連規程集の購入申し込み

競技関連規程の改定・2018年版競技関連規程集の購入申し込み

【改定内容】
来年1月1日より全日本統一級の競技関連規程が下記の通り改訂されます。
つきましては、会員は基より登録選手、チェアパーソン、競技会主催関係者等への周知徹底を図って頂きますよう、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

(1) JDSF競技本部会の下に「全日本ダンススポーツ統一級公認審議会」が設置され、「DSCJ全日本統一級競技規則」は「全日本ダンススポーツ統一級競技規則(JDSF競技規則)」に統合される。これにより「DSCJ」の文言は削除された。

(2) (1)に伴い、来年1月以降の公認承認競技会のシラバス記載の「DSCJ」の文言は「JDSF」の文言に書き換えて申請するものとする。(公認番号、標準様式、競技名欄、出場資格欄等全てJDSFとなる)1月の電子申請の申込は9月最終週から受付ける。

(3) シラバス記載の審判員、PD審判員は使用せず、全て「JDSF公認審判員」として呼称を統一する。但し、公認申請時の審判員の割り振りは必要に応じて可とする。

(4) 全ての単科戦は廃止とし、全国統一を図る。一部地域で実施しているノービスやC,D級の単科戦、B級2種目戦等は廃止とする。

(5) C級,D級の2区分開催は、各県(PD含む)それぞれ年間2回までとする。

(6) A,B,C級の各規定種目は、準決勝からではなく最終予選から実施するものとする。

(7) JA級の降級基準、エントリー30組未満は上位40%端数切り上げ、最低1組とする。

(8) シニアⅣのラテン区分も公認競技を可とする。

(9) 公認承認申請の申込は、4か月前の最終週から受け付けるものとする。
   例:7月に開催する競技会の申請は、3月の最終週から申し込みを受け付ける。


【2018年版競技関連規程集の購入申込み】
購入は事前申込み制度になっています。
A4版サイズ(約80ページ)500円(税込)/冊
申込み方法、締め切り等は下記より
docx pdf