Home > お知らせ > 指導員資格更新等のあり方について

指導員資格更新等のあり方について

指導員資格更新等のあり方について

1、指導員資格救済措置について
①年度末未受講者の翌年2回「研修会」を受講する事(現行実施中)
②未受講者からの「研修会カリキュラム」についてのレポート提出により受講に代える(1000~1600文字と評価事務手数料3000円)カリキュラム題材の中から一つを選びレポートを書いて下さい。

※本年度研修会を受講出来なかった方は、次年度の公認料振込み用紙が送られて来ませんが所属連盟会長を通じて①又は、②を行う旨の手続きとJDSF指導部宛てに公認料の振り込みをお願い致します。
けして諦めないで下さいね!!
尚、詳しくは都連盟に問い合わせ願います。
③PD主催のダンススポーツ教本講習会を受講する事で資格更新を付与する(2018年より実施中)

2、公認指導員証明証の更新手続きについて
※証明証裏面に記載されていますのでご確認下さい。
(注)として本証紛失又は、記載事項に変更の際は届けなければならない
・発行年月日から5年間が有効期間として記載されておりますので「研修会参加履歴」としての押印個所は、5年分となっております。
下記の要領にて手続きをお願い致します

【手続き方法】
・免許証サイズの「顔部分の写真」1枚
・手続き料「1000円」
※東京都ダンススポーツ連盟事務局を通じて手続きをお願い致します。

詳細はこちら